So-net無料ブログ作成
SoYouThinkYouCanDance ブログトップ

アメリカン・ダンスアイドル シーズン3ファイナル [SoYouThinkYouCanDance]

アメリカン・ダンスアイドルシーズン3もいよいよ優勝者が決まりました。
1600万票もの投票がありました。
本国アメリカでは8月16日に結果が出てるのですが。
ダンス歴4年のサブラ(Sabra Johnson 1987.7.29生まれ)が優勝しました。
サブラはダンスのキャラクターになりきって踊ったり、溌剌としてキラキラ輝いて見えるんですよね。
今から始めるには遅いかしらと思う人たちに勇気を与えてくれた優勝だと思います。
                    

別々の職種の人が言った言葉を思い出しました。
一人は「経験より年数だから、今から始めても無理」
もう一人は「才能があるものは引きも強い」と。
私は後者が真実であってほしいと願ってます。

これはダニー&ニールの「王座を巡る王子の対決」です。
荒々しく邪悪にさえ見える演技をさせたらニールは、素晴らしい。
ダニーの指先まで華麗でいて力強いダンス。


本当にダンスのうまさでいったらダニーなんでしょうが
踊ってる時のキラキラでいったらサブラなんだろうな。
小さなサブラが輝いて見えるし。

審査員が選んだもう一度見たいダンスに選ばれたサブラ&ドミニクのヒップホップ素敵でした。
ホークのハチドリも選ばれてうれしかったです。
Bガールのサラは3つのダンスが審査員からリクエストされました。
サラは今までヒールを履いてのダンスは未経験だったのに、ディスコダンスもカッコイイ。
フィギュアスケートの経験があると言っても、ここまで成長するものなんですね。


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アメリカン・ダンスアイドル シーズン3 TOP6 [SoYouThinkYouCanDance]

次回は優勝者が決まるとこまで来たアメリカン・ダンスアイドル

今回も2種類のダンスとソロを披露してくれました。
ここまで来るとどのダンスも素晴らしく、誰が優勝してもおかしくない出来です。

サブラ&ニールはジャズとパソドブレ、レイシー&パーシャはヒップホップスムースワルツ
ローレン&ダニーはコンテンポラリーディスコ

サブラ&ニールのジャズのテーマは「ビジネス会議」
駆け引きにゾクゾクします。



ヒップホップでもスムースワルツでも絶賛されたパーシャが落ちてしまいました。
女性を美しく見せてくれるパーシャ。
華麗でチャーミングなパーシャが落ちちゃうのは残念。
         
女性はローレンが↑落ちてしまいました。 次回はグランドファイナル。結果が分かっていながらドキドキしてしまいます。


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アメリカン・ダンスアイドル Week7 [SoYouThinkYouCanDance]

アメリカン・ダンスアイドルもTOP8(男女各4名)になりました。
TOP10から、ペアが毎回変わり今週は2種類のダンスを披露しました。
驚いたのは、振付師から教わるのはたった1日5時間半のみということ。
生れてはじめて踊るジャンルもあるというのに、5時間半?
その他に、グループダンスもソロも練習しなくてはならないというのに。
才能があるということはこういうことなんですね。

今回また振付師ミア・マイケルズのコンテンポラリーにやられました。
テーマは天国での再会。ミアが2年前に亡くなった父親と自分のことをダンスにしました。
誰でも誰かとの天国での再会を夢見てるのではないでしょうか。
こんな美しい再会・・・私も望んでいます。

そして、ボトム2でなくてもソロを踊ることになりますが
パーシャのこのソロにうっとりです。
パーシャの10年会っていない母親と弟に会うのが夢と聞いてから
どうもパーシャが好きになってしまった。単純です。

            


nice!(5)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Week3 アメリッカンダンス・アイドル [SoYouThinkYouCanDance]

Week3がアメリカで放送されたのは6月20日(水)、暑かっただろうなと思わせる内容でしたが条件はみんな同じ。
ジェシ(Jessica "Jessi" Peralta :Lyripop&ガンボ)&パーシャ(Pavel "Pasha" Kovalev:社交ダンス) は今週くじ引きでチャチャチャを踊ることになりましたが、
本番当日の朝のリハーサル中ジェシが体調を崩し
心電図に異常があったため救急車で運ばれました。
本番ではチャチャチャの振り付け師トニーのアシスタント、
ベット・ミドラー似のメラニー(Melanie LaPatin )と踊ることになりました。
審査対象はパーシャのみです。

ジェシは次の日体調が回復したら、ソロを踊り脱落者の対象になる条件がつきました。
左、パーシャ&メラニー。右、現役の頃のトニー&メラニー。     

次の日の審査発表の日、踊っても良いと許可が出たジェシはパーシャとチャチャチャを披露できました。
前日は脱水症状で具合が悪くなったということです。
本番でジェシ&パーシャのこの踊りが披露できたらと思わずにいられませんでした。

今回、心を掴まれたダンス、振り付けはウェイド(Wade Robson)のジャズです。
ジェイミー(Jaimie Goodwin:コンテンポラリ)&ホーク(Hokuto "Hok" Konishi :ヒップホップ)のダンスはハチドリと花の恋物語です。


ナイジェルは、この振り付けをずっと忘れないだろうと絶賛です。

予選の時、審査員ミアには「何様のつもり」と言われたBボーイのドミニク(Dominic Sandoval:ブレイクダンス)ですが努力とキュートさに酷評したミアも前回考えを覆しました。
日本人のホークも応援しちゃいますが、ドミニクのキュートさに私もファンに(✪ฺܫ✪ฺ)♡♥

今回セブラ(Sabra Johnson:コンテンポラリ)&ドミニクはルンバに挑戦です。
楽しそうに踊るルンバ、審査員のナイジェルは「Bボーイをやめ社交ダンスに転向しないか」と(≧∇≦)

努力も見られないし、もうこの放送に出て欲しくないと審査員から酷評されたセドリック(Cedric Gardner:ヒップホップ、フリースタイル)でしたが、同情票だったのか彼の真摯な受け答えが良かったのかボトム3にはなりませんでした。
ヘスス(Jesús Solorio:コンテンポラリ)が残念ながら今回はさよならでした。
そして脱水症状で倒れたジェシも。本来ならなぜ落としたかの理由を話してくれるのですが、ジェシには何も言ってくれませんでした。

リンク切れになってたらすみませんm(_ _)m
nice!(4)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アメリカン・ダンスアイドル Week1・2 [SoYouThinkYouCanDance]

2005年に買ったDVDレコーダーが壊れ、2週間で修理から戻ってきて
アメリカン・ダンスアイドルを録画出来たd(>▽<)b もう壊れないでね。

TOP20になると男女ペアになり、くじを引き次の週踊るダンスが決まる。
1週間でダンスを覚え生放送で踊り、2時間の視聴者投票の結果次の日ボトム3のペアを発表。
ボトム3になった男女6人はソロで踊り、ナイジェル・リスゴー、メアリー・マーフィーそしてゲスト審査員の話し合いの結果男女1人ずつ落とされる。

シーズン2で優勝したベンジーの妹レイシーがファイナルに進んでも
全米チャンピオンの経歴を持つレイシーが16歳になって今回アメリカン・ダンスアイドルに挑戦か、ふ~んとしか思えなかった。
が、Week1のこの踊りを観て表現力の素晴らしさにやられました。
レイシーは社交ダンス、パートナーのキャメロンはヒップホップが専門。
今回の振り付けはミア・マイケルズ。是非観て欲しいダンスです。

    
この週はサラ(ブレイクダンス)&ヘスス(コンテンポラリー)のダンスも良かったんです。
彼らのPop-Jazzはここで。

今週Week2は、アーニャ(社交ダンス)とダニエル(バレエ&コンテンポラリー)が美しかったです。
2人ともウィンナワルツって何?聞いたことないんだと言っててこの美しさです。
ホーク(ヒップホップ)は何とサンバを踊りました。
この週のゲスト審査員ミア・マイケルズには好評でした。


左からナイジェル、メアリー、ミア。

Soundtrack '96-'06

Soundtrack '96-'06

  • アーティスト: Elisa
  • 出版社/メーカー: WEA International
  • 発売日: 2007/07/03
  • メディア: CD


nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

続き アメリカン・ダンスアイドル シーズン3 予選 [SoYouThinkYouCanDance]

今回はアメリカン・ダンスアイドルの予選で楽しめた映像です。 フィリップ・シビーブ18歳。手の揺れ揺れウェーブは真似したい。  彼のダンスは、私のお宝映像です。


ダンス・アイドルの参加資格はアメリカ国籍でなくても良いみたいで、16歳以上ならOKのようです。 前回ラスベガスまで行ったけど、学生ビザしかなくルール上失格になった ホクト“ホーク”コニシ(Hokuto "Hok" Konishi )22歳が再挑戦。日本人の活躍は素直にうれしいです。 今回、労働許可証もバッチリです。

     
よく帰ってきてくれたと審査員も喜んでくれてたの。 ラスベガスへ直行です(≧∇≦)   
時に厳しいナイジェルの審査ですが、彼らのような素晴らしいダンスには 手放しで喜んでいます。
TOP20(男女各10名)になると視聴者が審査員です。 ペアになりテーマのダンスを1週間で覚え踊ります。 ボトム3になると、それぞれソロを踊り、ナイジェル達審査員が決めます。 これならなぁアメリカン・アイドルもあんな人が落ちたり えっと思う人が残ったりしなかったろうに。
アメリカン・アイドルのファイナリスト達もインタビューで お気に入りの審査員はサイモンと殆どの人が答えている。 あの酷評され続けたサンジャヤも「えげつないことを言うから」と。 サイモンに褒められた時の彼は宇宙まで飛んで行きそうだった。 ナイジェルやサイモンのような審査員に認められることが、参加者の自信にもつながるんだろうな。
アメリカン・ダンスアイドルのナビゲーターがTRFで本当に良かった。 アメリカン・アイドルのナビゲーター次回は誰なんだろう。


nice!(2)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アメリカン・ダンスアイドル シーズン3 予選 [SoYouThinkYouCanDance]

10/28から放送が始まったアメリカン・ダンスアイドル、シーズン3。
シーズン2のファイナルを観てて、ダンスのレベルの高さに驚いた。
上手なダンスはカウントを感じさせないというけど、流れるような動き、技の一つ一つの素晴らしさにもう目が釘付けでした。

アメリカン・アイドルのプロデューサー、ナイジェル・リスゴーがダンスアイドルでは審査員も兼ねてます。
各都市で地方予選が行われ、合格したらラスベガス行きのチケットを貰える。
予選では1分間の持ち時間にダンスを披露。
ジャンルはクラシック・ジャズ・コンテンポラリー・ラテン・ヒップホップ・ブレイクダンス等。
審査で即チケットを貰える人もいれば、再審査となる人も。
この再審査は、振り付け師から30分間指導を受け、そのダンスが審査される。
わずか30分で踊りを覚える事に、もう驚いてしまった。
ラスベガスでまたふるい落とされ、男女10人ずつがファイナリストとなる。
ここから視聴者が審査員。
男女ペアになりテーマのダンスを1週間で覚えライブで披露する。
自分の得意ジャンルではないダンスも、例えばヒップホップの人がチャチャチャを踊る場合もあるし
ワルツが得意な人もブレイクダンスを踊れなければ次には進めない。

今回の放送は、NY・LA・シカゴの地方予選。
参加者の中に事故で義手となったジャネット・ボンバートさんもいた。
審査員のナイジェルが言うまで、義手とは気付かなかった。
ゲスト審査員のシェーン・スパークスが「君の光がステージを照らしてる」と。
シーズン1で挑戦し、その後事故に遭い、足を切断し歩くことはできないだろうと言われたクインシー・ヴェリーニさんも8か月のリハビリの後の再挑戦。まだ足首は治ってないのだが。
「今日はただ嬉しくて、義足を貰って歩けることもダンスすることも。自分のために来た」
ジャネットは、再審査の後ラスベガスのチケットを手に入れた。
クインシーは再審査をと言われたが、足首の痛みがひどくなり棄権した。

22時間踊り続けたことがあると言ってたが、1分間のダンスでバテちゃって
立ってるのもやっと、顔つきも変わっちゃったりして、審査後医師から手当てを受けてた。
いつものテンポより倍速で踊ってしまったらしい。
愛すべきキャラクター、デリック・ブラッドレイ。

        この映像は今回の放送で、度肝を抜かれたキャラクター。
座右の銘は「僕は最高」だそうです。
前回のシーズンも母親が付き添って参加した33歳のディビット・ケネス・ソラー。
今回も母親付いてきてます。
彼にはガールフレンドが100人以上いるそうです。
彼のもう一つの名前は、セクシー(お手数ですが英語にしYを除いてください)
踊りのテーマももう一つの名前だそうです( -_-)
母親「彼の夢を奪う資格は誰にもない。息子は才能あふれるダンサーです」
次回は来ないで貰いたいと言われてもまた来ると言ってた。
ダンサーの素質が無いと言われ、あなたこそ審査員失格だと言っていながら
同じ審査員のオーディションをまた受けるってどうだろう?


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
SoYouThinkYouCanDance ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。