So-net無料ブログ作成

アメリカン·アイドル15 #19 トップ6→5 アイドルリクエスト [AMERICAN IDOL SEASON 15]

番組がいきなりこの曲で始まり、思い出が撒け出ました。お世話になった懐かしい人から電話があり、カーナビを頼りに木立の中を走り会いに行ったのは、アダムが"Mad World"を歌った時だったとはっきり思い出したのでした。
今のアダムが、また歌ってくれるなんて感無量です。
Adam Lambert Performs "Mad World" - AMERICAN IDOL

今回は、視聴者がツイッターでリクエストした曲を2曲歌います。審査員が救うのは今回が最後です。次回方は視聴者投票で最も少ない票だった人が去ります。
とびきりハンサムなアダムの画像はTwitterから。Cdye9ZpUMAAXe6u.jpg


審査員はジェニファー·ロペス、キース·アーバン、ハリー·コニック·ジュニア。司会はライアン・シークレスト。今日のキースはTシャツじゃない!
総合音楽プロデューサーはマイケル・オーランド。音楽プロデューサーはリッキー・マイナーです。
メンターはビッグマシン·レコードCEOのスコット·ボーチェッタです。

◆ラウンド1 故郷から候補者達にメッセージが届いてます。

1 トレント・ハーモン(Trent Harmon 1990年10月8日生まれ24歳 牧場&直営のレストラン ミシシッピ州 エイモリー)ワンリパブリック"Counting Stars"
トレントの故郷では、青いTシャツに白文字でTEAM Trent と書かれたのをみんなが着て応援してます。ドジャースブルーでTrentのロゴも同じようなフォントで、背中には、AMERICNIDOL15とあります。牧場の牛たちも声を出し応援してる。スーパートレントのファンの男の子クーパー君や地元のピザ屋さん大勢のファン温かい応援メッセージが届きました。
こんな曲もイケるのか。今後"Counting Stars"を思い出す時、トレントの声で再生されるわ。私のトレントへのリクエストは、アッシャーの“Climax”です。
キース「どんな気分?」
トレント「無我夢中でステージの記憶が無い」
キース「今の君のコメントを聞いてなるほどと思ったことがある。私が引き込まれなかったのは、君の意思が不明確だったからだ。この曲は君に合ってるとは思えない」
JLO「この曲は視聴者が選んだんだから、あなたの好みと違うのは分かる。でもあなたは全力で観客を引き込もうとう頑張った。与えられた曲を精一杯歌った努力は認めるわ」
ハリー「手を叩いたところは、お祭り気分だったな。相手を見つけて踊りたくなったよ。歌詞を追うのに必死で、言葉が生きてなかった。一応合格点だが、本来の実力はもっと上のはずだ。君は全力を尽くしたし、お祭り気分は良かった」
Trent Harmon - Top 5 Revealed: "Counting Stars"

2 ダルトン・ラパトーニ(Dalton Rapattoni 1996年2月6日生まれ 20歳ボーカルコーチ テキサス州ダラス)リンキン・パークの"Numb"
ダルトンの故郷からはニーナ祖母ちゃんが美容室からお客さんと一緒にドーム型のドライヤーを被りながら応援。ダルトンの勤務先の音楽学校では、生徒さんと同僚の先生から応援メッセージ。ダルトンの大ファンのお嬢さん、ダルトンの聖歌隊の先生、従弟のウィル君、ダルトンの母校サニーヴァール小学校の子供たちが応援してます。
物足りない。トップ4を懸けて歌う曲では無いように思えちゃった。ダルトンが歌う
フォール・アウト・ボーイの "Centuries"か、ドレイク ft. リアーナの“Take Care”をダルトンがどう歌うか聴いてみたい。
JLO「あなたが観客に人気がある理由を、私は100%理解できる。曲を自分のモノにしてる。でもこの曲は少し物足りない。強烈な一撃がほしかった気がする。無難に乗り切った印象を受けた。いつものように感情は伝わってきたけど、アレンジ自体が盛り上がりに欠けてた」
ハリー「曲の中で興奮が生まれるには、君の歌とバンドの相互作用が必要。その点でかみ合ってなかったが、君は歌詞に命を吹き込んでた。歌詞について考える姿勢は、本当に素晴らしい。でもテンポには気をつけて、君のギターの音が少し走ってたから」
キース「君の良い所は、どんな曲もダルトン化するところ。今の曲は、完全なダルトン化でもカバーでもない。バンドと歩調が合って無い印象を受けた。もっと大胆に選曲を変えても良かった」
ライアン「視聴者が選んだこの曲では、どんなことが大変だった?」 
ダルトン『僕にとって歌詞は重要な要素だ。この曲を選んだのは歌詞に共感できたからなんだ。だから歌詞の表現には気を使った」
ライアン「ところで故郷の美容院の女性客の反応は最高だった」
お祖母ちゃんの美容院でのダルトンの写真が送られてきた。ドーム型のドライヤー(スタンド式じゃなく椅子と一体化して見える)の下でまどろむダルトン少年5-6歳。
ライアン「この頃から私は、身長も上方も変わってない」
Dalton Rapattoni - Top 5 Revealed: "Numb"

3 ラポーシャ・レネイ(La'Porsha Renae 22歳コールセンター勤務 ミシシッピ州 マコーム) インディア.アリーの"Ready for Love"
ラポーシャの故郷では、高校の楽団のラムキン先生「君には活力と熱い魂、それに力強い髪の毛がある」と熱いメッセージ。大ファンのジェイソン君(ちゃん)からは「番組史上最高のシンガー」と身振り手振りでキュートに。ジョセフィーナ&ジェイ「誠実さと意思、魂、惚れ惚れする才能の持ち主」と。高校の楽団トレイ「優勝するまで突き進め」
ラポーシャは失速しない。ゆりかごの中で聴いてるようだった。
ラポーシャが歌う曲が聴きたい曲になる。踊って歌うし、動き回ってハリーを挑発もするし、こういったバラードでじっくり聴かせてもくれる。
ハリー「私の解釈では、この曲が訴えてるのは、切実さと嘆きだ。それを伝えるために力強い歌詞がある。君は臨機応変に自分の強みを生かせるね。歌詞の情感を伝えることに徹してた。とにかく圧巻だった」
キース「言葉もない。歌の半分当たりでふと気がついた。審査を忘れ、ステージに心を奪われてたんだ。1人の人間として、豊かな才能を楽しんでた」
JLO「インディア.アリーの曲の中で一番好きな曲。彼女とあなたはソウルが似てる。今のあなたは、母なる大地のイメージよ。ドレスも髪も女神っぽいわ。あらゆる意味で完成されたステージだった」
ライアン「ハグしたくなったよラポーシャ(ハグする2人)。裏で聴いてて放心状態になった。放送中だってことを忘れた」
ハリー「私も女神になった気分だった」
ライアン「君ならなれる」
La'Porsha Renae - Top 5 Revealed: "Ready for Love"

候補者達は忙しい合間を縫って、ヨガのインストラクターローラ・しコーラ先生から緊張を和らげる訓練を受けました。一番左がローラ先生。フォードの個所は日本ではカットです。全部見たいです。
10250285_10156774307260601_8791412646641832110_n.jpg 


『Empire 成功の代償 』からジャシー・スモレット&ヤズ+トップ6で"Never Let It Die"
カッコいいステージ。ジャシー・スモレットは本当にいい。ヤズはヤズのまんまで、やはりJLO狙いだった。
Jussie Smollett & Yazz Perform "Never Let It Die" from FOX's "Empire" 

キーランに照明をお願いする時間。
ステージにはソニカ、マッケンジー、トリスタンがいます。3人の中1人は視聴者投票で上位に入りました。2人はボトム2です。
トップ5に入ったのはマッケンジーでした。 

4 マッケンジーボーグ(MacKenzie Bourg 1992年9月11日生まれ23歳ミュージシャン ルイジアナ州ラファイエット)キャット・スティーヴンスの"Wild World"
マッケンジーのお母さんの教え子の少女達(セントセシリア学校)「マッケンジーは最高よね」「彼は私に歌ってくれてるの」「スムーズな歌声よね」「私に歌ってるのよ」「違うう!私に歌ったの」「ちょっと待って、私に歌ってたのよ」
母校セントトーマスモア高校の生徒さん達「マッケンジー大好きだよ」
バスケ部のブルッサール監督「君ならやれると信じてる。今回も決めてくれ」
セントセシリア学校の子供たちはメガネをかけ小さなギターを持ってマッケンジーの真似して集団で応援。かわいい。
マッケンジーが23歳だってことを忘れてしまう。少年らしい新鮮さが残ったまま。洗い立てで肌馴染みの良いシーツみたいで、まっさらな気持ちにさせてくれる。
キーステーブルのモニターを見てたんだ。視聴者に君が好かれる理由を知りたくてね。君はケーキ生地みたいだ。焼く前でも旨い」
JLO「自分で選んだ曲じゃないからみんな難しいはずよ。あなたのパフォーマンスは、好感が持てて楽しめたわ。全てをね。前回もそうだったけど、私に歌ってくれてるようで良かった。私に歌ってくれてたのよね?」
マッケンジ-「審査員席まで行く勇気はなかった」
JLO「気持ちは伝わったから大丈夫よ」
ハリー「いくつかメモしたんだ。君に合う曲だった。いつもスローテンポだから、今回のテンポは良かった。君のアルバムに入れて良い曲だ。アドバイスがある。歌の合間のぎこちなさは可愛い感じがするが、2時間のショーだったらどうするか考えるんだ。この手の曲はメロディを変えない方がいい」
ライアン「ケーキ生地っでどう?」
マッケンジー「一番の褒め言葉だよ」
ハリー「今の歌みたいにジェニファーは把握所なのか?」ざわつく会場。微妙な顔のJLO。
ライアン「番組を進めよう。彼女の顔見た?」
ハリー「見たよ。マジで怖かった」
JLO「私はノーコメントよ」
ライアン「私は悪女と呼ばれてた」
ハリー「真実だしな」
ライアン「ありがとう」
MacKenzie Bourg - Top 5 Revealed: "Wild World"

今週のボトム2は、トリスタンとソニカです。トップ5を懸けて歌います。

トリスタン・マッキントッシュ(Tristan McIntosh 2000年4月25日生まれ15歳 学生 テネシー州ナッシュヴィル)マルティナ・マクブライド"Independence Day"
スチュワート学長とナッシュビル・スクール・オブ・アーツの同級生や、トリスタンの大ファンのヤディン、メリン、コートニーから熱いメッセージ。ウィリアム&ジンジャー牧師と教会の人々からも応援がありました。
スチールギターの男性がいい味を出す。リクエストと言っても、2週続けてマルティナ・マクブライドの曲ではワンパターンに思えるのが残念。
JLJO「もう少し変化を出して。マンネリは良くない。同じようなステージを繰り返してきたことが、ボトム2の原因かも」
ハリー「苦難を乗り越えるような曲が得意だね。前回もそう。君に必要なのは年齢を重ねることだけだ。今細かいことを指摘しても意味が無い。大人になるのが君の課題」
キース「素晴らしい声の持ち主で、容姿も絵になる。今回の様な曲を歌う時意識してほしいことがある。感情で歌い上げるか、バンドと派手に盛り上げるかだ。今回は中途半端だった。次の課題にしてほしい」
Tristan McIntosh- Top 5 Revealed: "Independence Day"

ソニカ・ヴェイド(Sonika Vaid 1995年8月4日生まれ20歳医学生マサチューセッツ州マーサズヴィニヤード)デミ・ロヴァートバージョンの"Let It Go" あと1枠を懸けて歌う曲を"Clarity" と迷い"Let It Go"を選曲。
ソニカのボランティア仲間(ノースショア白内障&レーザーセンター)から応援メッセージ。ソニカは眼科医を目指してるのかな?
ソニカの大ファンのニコラ、ソニカの妹サルヴァニと友人、大ファンのエラちゃん、ワンコと地元のおば様方、地元カントリー倶楽部、友人と家族からメッセージが届きました。
もっともっとできる。先週から衣装がシャイなソニカとしっくりこない。
ハリー「選曲は大正解。"Clarity"も良いけど"Let It Go" にして正解だ。とても力強い歌声だったが、パワフルな局面での歌い回しはもっと練習が必要だ。感情を込めて囁くバラードなら、君の右に出る者はいない。だが勢いのある曲だと、コントロールが今一だ。今回はそんなに悪くなかった。よくやった」
キース「風は効果的だ」
JLO「船の舳先に立ってるみたいだったわ。タイタニックね」
キース「声も選曲の良かった。回数を重ねる毎に、良いステージになってる」
JLO「あなたはシャイ、でも一方では闘志がある。あなたのパフォーマンスから伝わってきたわ。『私はまだやれる。ここで脱落しないわ』って。そうやって毎回自分の殻を破って、成長を繰り返してる
Sonika Vaid - Top 5 Revealed: "Let It Go"

審査員が救ったのはソニカでした。審査員の話し合いは短かく、てっきりカントリーのトリスタンが救われると思ってた。 
ソニカとライアンのやり取りのタイミングが、ケリー・ピックラーとのやり取りと似てて、ソニカの意外な陽気で明るく面白い一面が見えた。

◆ラウンド2 トップ5は自分の心をさらけ出します。

ダルトン・ラパトーニ(Dalton Rapattoni 1996年2月6日生まれ 20歳ボーカルコーチ テキサス州ダラス)サイモン&ガーファンクル "The Sound of Silence"
ダルトン「ステージは自分の居場所。そう思えるまで長い道のりだったけどね。小学生の頃から、自分の二面性を感じてた」
母キヴァ「子供の頃から、気分の浮き沈みに苦しんでたわ」
ダルトン「他の子と比べ、物凄く強く感じてしまうんだ。嬉しいことも哀しいこともね。その症状が増して悪化していった。あるとき車の中で取りみだしたんだ」
母キヴァ「死にたいと泣き叫んでた」
ダルトン「普通じゃないと思ったよ。あの頃のことはあまり思い出したくない。9歳の時、双極性障害と診断された。治療を受けても、感情を抑えられなくて行き場が無かった。クリスマスに祖母が、ギターのレッスンを受けさせてくれた」
母キヴァ「音楽に触れた時から、あの子の症状は落ち着いた」
ダルトン「音楽の御蔭で、僕の人生は変わったんだ。今でも感情の起伏を抑えられない事はある。でもステージで歌うことが何よりの薬だよ」
納得だよ。ヴァンパイアでありながらヴァンパイアハンターのイメージが消えないのはそういうことだったのね。
ダルトンが立ちあがってから涙が出てきた。苦しむ子供たちの心の叫びを歌ってるように聴こえた。素晴らしいステージだった。
キース「選曲が実に素晴らしい。その歌詞で魔法にかけられたようだった。歌詞を大事に歌ってたから、その良さを十分に表現出来てたよ。自分が伝えたい部分を強調してたのは凄く良かった」
JLO「手応えを感じたでしょ?とても力強いパフォーマンスで素晴らしかった。あなたの魂に触れられた気がしたわ」
ハリー「君の歌はまるで、何もない壁にスプレーして思うがままに絵を描いてるようだ。ほぼ毎回そう感じるんだ。この曲の歌詞はまさに美しい一編の詩と言える。君にはこの手の曲が必要だ。自分でも感じてると思うけど、重みのある歌だ。他の人が何と言おうが、自分を貫いてほしい。歌の世界を深く掘り下げるのが君なんだ。(ライアンの居る方を見て)皆に投票してと言わせてくれ。救えるのは今回までだ。是非投票してほしい」
Dalton Rapattoni - Top 5 Revealed: "The Sound of Silence"

アダム・ランバート(Adam Lambert 1982年1月29日インディアナ州インディアナポリス生まれ) ft. ラーレ(Laleh 1982年6月10日イラン生まれ)"Welcome to The Show"
高揚してしまう。ドラマチックだし魅せられる。ラーレの声が美しい。
アダム「初心に戻ったよ。凄い快感だった。kの新曲の作詞はラーレで才能あるソングライターだ。スウェーデンの友人を通じて知り合った。彼女は本当に有能だ。おかげで最高の曲が出来た」
アダムは夏にまたQUEENとツアーがあります。
Adam Lambert Performs "Welcome to The Show" feat. Laleh

**

マッケンジーボーグ(MacKenzie Bourg 1992年9月11日生まれ23歳ミュージシャン ルイジアナ州ラファイエット)マイケル・ジャクソンの "Billie Jean"
マッケンジー「小さい頃からスポーツ三昧の生活を送ってた。高校ではバスケに専念してた時、物凄い高熱と頭痛と吐き気に襲われた」
母ミシェル「ただ事じゃないと医者に診てもらうと、緊急治療が必要だと言われた」
マッケンジー「次の日、大事な試合を控えてたのに」
母ミシェル「息子の心臓は止まり、蘇生できるかもわからない状況だった」
マッケンジー「ウィルスに感染して、心不全に陥ったんだ。スポーツは無理だと宣告された。人生が真っ暗になった」
母ミシェル「心臓が完全に回復しただけでも奇跡だったの」
マッケンジー「退院した後は、生きる目的を失ってた。そんな時、弟に勧められて音楽を始めたんだ。暗い気分も晴れてったんだ。「」
母ミシェル「音楽が彼を癒したの」
マッケンジー「新たな生きがいを見つけた。詩を実感した経験の御蔭で、毎日大切に生きてる。あの体験が無ければ、ここまで来られなかった」
マッケンジーに理を感じるのはそういうことなのね。
マッケンジーは傷ついた心に寄り添う。どの"Billie Jean"とも違う、マッケンジーだけの"Billie Jean"だった。
JLO「ここまで勝ち上がった理由を証明した。あなたのカバーは特別よ。ボーカルは自信に溢れ、見せ場もしっかり作ってた。心奪われたわ」
ハリー「最高の出来だった。曲の解釈に時間をかけたのがよく分かった。君によく合ってた。素晴らしかった」
キース「子供向けの映画『ボルト』の主人公が大ファンのハムスターがいるんだ。僕も君のファンだよ」
ライアン「キースなんの話?」
JLO「スティーヴン・タイラーっぽい」
ライアン「デイヴィッド・クックもこの曲を歌った。君もこの曲を歌ってどうだった?」
マッケンジー「この曲でベストを尽くそうと思った。3人に褒めてもらえて感無量だよ。ここにいる全ての人や、両親に愛されて最高だ」
MacKenzie Bourg - Top 5 Revealed: "Billie Jean"

トレント・ハーモン(Trent Harmon 1990年10月8日生まれ24歳 牧場&直営のレストラン ミシシッピ州 エイモリー)レーナード・スキナードの"Simple Man"
トレント「これは僕が気に入ってるギターだよ。親友のダニエルと一緒に作ったギターなんだ。エレキギターは彼の方が上手だから、木目やピックアップからネックまで選んでもらったよ。ギターが届く前夜に連絡して『明朝ギターが届くよ』と伝えたんだ。でもダニエルが弾くことはなかった。翌朝ギターが届いた後に亡くなったんだ。僕がギターを弾いても意味はないと思った。見るのも辛かったから弾きたくなかった。いい思い出が悲しい思い出になった。でも、ダニエルならこのギターを仕舞わずに弾くはずだと思ったら気が変わった。このギターと共に夢を追いかけることにしたんだ。ギターに託した夢の中で彼は生き続ける。無意識のうちに。ステージに立つ時は必ず彼のことを思い出すんだ」
すごいな。聴き入ってしまうし、心地よくて私の肩の力も抜け音符の布団に身を任せて漂う。この歌詞の様な事は祖母から言われてたから、なんか懐かしい気持にもなった。
うちのFOX HDは一部トレントの映像が乱れ焦った。
ハリー「トレントとアダムのデュエットが聴きたいね。そこら中のガラスが割れる」
トレント「共演したいな」
ハリー「実現するといいな。今にも南部出身らしいステージだった。南部出身じゃなくてもこの曲は歌えるし、誰の心にも響く名曲だからね。君からは南部のエッセンスを感じる、それが凄く魅力的だし素晴らしい。自分の経験を伝えるよう、歌詞を噛み締めて歌ってたね」
キース「大好きなレーナード・スキナードの曲を君が歌うと聞いて嬉しかった。歌詞も君に合ってた。南部のソウルやゴスペルの要素を上手に取り入れてた」
JLO「こんな瞬間を味わえるから、この番組が大好きだし名残惜しい。ずっと最前列で目の当たりにしてきたの。候補者が完璧なステージを披露する瞬間をね。今のステージは完璧だった。審査員冥利に尽きるわ。5年間、こんな瞬間を見続けられた。美しい歌声だったし、一つ一つの言葉が心に響いたわ。ありがとう。存分に堪能したわ」
JLOが泣いている。トレントも泣いている。
ライアン「最高の言葉をもらったね」
トレント「ミシシッピでは、母親に絶対服従。そんな歌だよ母が恋しいよ」
ライアン「母親に従うのは賢い」
トレント「ありがとうジェニファー」
JLO「ありがとう」
Trent Harmon - Top 5 Revealed: "Simple Man"

ソニカ・ヴェイド(Sonika Vaid 1995年8月4日生まれ20歳医学生マサチューセッツ州マーサズヴィニヤード)ゼッドft.フォクシーズの"Clarity"
ソニカ「ステージで歌うことは人生で一番ドキドキする経験よ」
シャイなソニカが人前で歌ったのはデンバー予選が初めてだった。
ソニカ「トップ10が決まった日に全てが変わった。最高の気分だった。シャイな自分を克服したい。世界一高い山の頂にいる気分よ。まだこの山を下りたくない」
ソニカの集中が切れたのか。意識がちょっと散らかってたかな。歌声は勿論美しいのだけど、もっと凄いことを期待してしまう。
キース「思わず引き込まれた。いい選曲だったよ。後はもっと舞台で自分をさらけ出すこと。完ぺきを求めて、自分を抑制している。考えずに歌にのめり込むんだ」
JLO「私は選曲に不満。少し無理が見えた。あなたらしくないと言うか。もっとバランスを取って、自分の魅力を生かしつつ、同時に観客を沸かせる曲を選ぶのよ」
ハリー「今の歌も良かったけど、ハリーと話す姿に好感が持てたよ。歌だけじゃない君の人柄が。視聴者に伝わったと思う。短い言葉に内面が滲み出てた。君の素顔が見られて何よりだよ」
ライアン「彼女は気さくなんだよ」
ハリー「全然知らなかったよ」
Sonika Vaid - Top 5 Revealed: "Clarity"

ラポーシャ・レネイ(La'Porsha Renae 22歳コールセンター勤務 ミシシッピ州 マコーム)メアリーJ.ブライジの"No More Drama"
ラポーシャ「歌手になって、ステージに立つのが夢だった。同時に運命の人を夢見てた。18歳で出会った彼は、魅力的でまさに理想の男性だった。でも付き合い始めたら、彼は暴力を振るい始めた。長所は全て否定された。彼はこの声や髪形も、全部嫌ってた。私は歌手になる夢さえ忘れて、自分を見失った。女性としての誇りも失い死んだも同然だった。娘が生まれてやっと、人生を変える勇気が沸いた。娘は私の天使なの。娘を守れるのは私だけだと、自分を奮い立ててる。それで娘とシェルターに入ったの。毎晩、娘に歌を歌ううち、昔の夢が蘇った。ステージに立って歌を披露するのは最高の気分よ。ここでは誰も私を否定したりしない。土の下から抜け出して、身長3mになったみたい。この幸せは離さないわ」
理想の男性に自分を全否定されるのはどんなに辛かったろう。でもよく目が覚めてシェルターに入ったこと。自分を責め続ける女性もいて、耳も貸さないのに。
ラポーシャの爆発するエネルギーに圧倒される。
キースとJLOがスタンディングオベーション。
無いてるラポーシャに、ライアンが出てきて寄り添ってくれる。JJLOもキースも泣いてる。もしかしてハリーも・
ライアン「一言頼むよ」
JLO「大変だったのね。苦境を乗り越えるには、相当な精神力が要ったはず。歌詞からもあなたの苦悩が伝わったわ。あなたは素晴らしい創造性の持ち主よ。感情を音楽に込めて、誇張なしに歌い上げた。最高に力強い歌声だった。最高の瞬間をありがとう」
ライアン「本当に勇敢だった。言葉もないほど素晴らしいステージだった」
La'Porsha Renae - Top 5 Revealed: "No More Drama"

この5人から誰かが帰るなんて凄く嫌なんだけど。

CeMZj4eUkAApN4X.jpg


nice!(2)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 6

ロシアンブルー

いや〜(^^)ラポーシャ凄かったですね。
圧巻、感(激)動。
トレントも最高!
マッケンジーボーグ流ビリージーンにも感心、凄い。
美少年ダルトンも我が道を行き女の子の心を鷲掴みにしてそうだし。
ん〜、ソニカ、ここに来ての停滞は厳しい。何か自信無さげに聴こえます。

アダムの新曲?イイですね(^^)
アダムのMAD WORLDはお気に入りで私のiPhoneにも入れてます。
wild worldはエリックマーティンのが大好きです(^^)
by ロシアンブルー (2016-03-28 21:24) 

あぁ

ロシアンブルーさん、ありがとうございます。
凄い週で、暫く放心してしまいました。
ラウンド2が濃密で、クラクラしました。
ソニカはボトムが続いて、少し自信をなくしてしまったんだろうか。
もっとできるはずなのに、ここで圧巻の一撃を決めて欲しかった。

アダムとトレントの共演が実現できるといいな。
想像ができそうでできないのです。見たい!
by あぁ (2016-03-28 23:16) 

みなみ

アダムの “Mad World” をまた聴くことができて胸熱です。

今回はトレントの”Simple Man”にやられました。
歌詞もトレントに合ってたし、ハリーやキースが言っていた通り南部を感じました。
エピソードにあった友達のギターを弾いて歌えば、更にステージ効果が上がったのではと思いましたが、十分にカッコよかった!

ミーハーの私は、ダルトンが余程ポカをやらない限りダルトンに票を入れ続けるつもりでしたが、ここにきてトレントの凄さに陥落。
ごめんねダルトン。でもヴァンパイアの悲哀が感じられて “Sound of Silence“ はシビレましたよ。
by みなみ (2016-03-29 03:19) 

あぁ

みなみさん、ありがとうございます。
アダムのステージは、ご褒美のように感じてしまいました。
いつもキラキラしてるアダムにウットリです。

私もあのギターを弾くのかと思いましたが
トレントは自分をドラマチックに演出しないんですよね。
気が付けば、あの歌声だけで魅了されてしまってたし。

そこもダルトン。
自分を好きでいてくれるファンが、トレントの才能を認めても
眉毛に苦悩を滲ませ、理解してくれると思うわ。
だってヴァンパイアですもの。
by あぁ (2016-03-29 20:04) 

たろけん

ブログいつも拝見してます。
ここのところ毎週すごいパフォーマンスで、
こんシーズンで番組終わっちゃうなんて
もったいないな~と思いながら見てます。
今残ってるメンバーはみんなそれぞれに個性的で
才能にあふれてますから、誰がいいとか悪いとか
いうレベルじゃないと思いますが、
番組のシステム上これからも一人ずつ落ちていくんですよね。悲しい。
まあラポーシャが毎週圧倒的なので
このままラポーシャが勝ちきっちゃう気がしますが。

by たろけん (2016-03-30 22:27) 

あぁ

たろけんさん、初めまして。
誰もがシーズン後も活躍してくださるとは思ってはいても
最終シーズンのフィナーレまで数週間というのが
もう寂しくてたまりません。

次回から1人ずつ、視聴者投票の結果で去っていくようです。
ラポーシャとトレントの対決になりそうな気もしますが
ダルトン、マッケンジー、ソニカは去ってほしくないし
モヤモヤハラハラドキドキしてます。
by あぁ (2016-03-31 01:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。