So-net無料ブログ作成

アメリカン·アイドル15 #16 トップ10 [AMERICAN IDOL SEASON 15]

アメリカン・アイドルファイナルシーズンです。ファイナリスト10人が決定します。
「それは何年でしたか?」と訊かれたら、アメリカン・アイドルのシーズンと結び付けて覚えてたので、今まではかろうじて答えられてました。
MJが病院の窓から手を振ってくれるのを待ってたあの朝はシーズン8でした。先週MJのことを訊かれ答えたばかりでした。
これからどう覚えればいいの~。何年に何が起きたか覚えるの苦手なのに、よく訊かれる。
Show Open: Top 10


審査員はジェニファー·ロペス、キース·アーバン、ハリー·コニック·ジュニア。司会はライアン・シークレスト。
ai15top10h-j-k.png

ゲスト審査員はケリー・クラークソン(Kelly Clarkson 1982年4月24日テキサス州フォートワース生まれ ジャンル:ポップ、ロック)とお腹の中の坊っちゃんです。アメリカ放送日から7週間後が出産予定。
ai15top10kelly-clarkson-baby.png

 ライアンガキーランに灯りを絞るよう頼み、トップ10残り6人の名前が呼ばれます。
トリスタン、ソニカ、ジアンナ、マッケンジー、アヴァロン、最後の1枠はリー・ジャンでした。
好き嫌いが分かれたか、ジェンとジェニーヴ。審査員の評価が影響したのかマニーとトーマスが帰ります。この4人は評価が分かれても残るのではと思ってました。
The Top 10 Are Revealed


ai15top10jmtj.png

今回のテーマは、番組開始後に発表された曲です。

1 オリヴィア・ロックス(Olivia Rox 1999年1月16日生まれ16歳学生 カリフォルニア州 アゴウラヒルズ)ケイティ・ペリーの"Unconditionally"
オリヴィア「番組の一番古い記憶は、キャサリン・マクフィーが歌った"Over the Rainbow(虹の彼方に)"。私にとって大切な曲でどこへ行っても歌ってた」4歳のオリヴィアが舞台でマイク向けられ歌い、13歳のオリヴィアがウクレレ弾きながら歌ってる映像が流れる。
「番組は私の一部、人生の一部、生活の一部」
やった!ケイティ・ペリー歌ってほしかったんだわ。膨らみのある歌声にピッタリだと思う。前半の抑えた歌い方に痺れました。パワーだけで押し切らない。2時間放送のトップバッターは視聴者の記憶に残り難いのが、ただ一つの問題。
キース「いいパフォーマンスだった。真のアーティストへの道を真っ直ぐ進んでいる。その過程を見られて嬉しい。選曲も完璧。もっと力を抜いて歌えたらさらに言うことなし」
JLO「いいアレンジだわ。このアレンジのの方が好き。声に合ってたし、コントロールも利いてた。ポーズはもっとバチッと強く決める練習をして。パンチを効かせるの」
ケリー「前半が上品に感じた。小声で息苦しいのに、よく歌えてたし、節回しもマライアのように上手だった。地方予選を見てあなたのファンになったの。若いから将来が楽しみね」
ハリー「私はあの出だしが特に気に入った。何もかも良かった」
Olivia Rox - Top 10

2 ジアンナ・イザベラ(Gianna Isabella 2000年3月30日生まれ15歳学生  ニュー・ジャージー州 ジャクソン)ビヨンセの"Listen"
ジアンナ「物心つく前から番組を観てた。色んな場所でね。母のツアー中は、RV車にテレビを設置し車内で観てたの。森の中に居て電波が悪い時は、父がいい場所を探して番組が終わるまで待っててくれた。10歳の時スコッティ・マクレアリーに恋したの。魅力的だった。ママに『彼ってキュート』って言ってたの、彼の青い瞳も髪も声も全てが輝いてたわ。モデルみたいだったわ。ステージに立つ日を夢見てた。この先歌手として生きて行きたい」
デュエットはニックよりスコッティが良かったのかしら?髪の毛ストレートにすると大人っぽい。唸りも入って泥臭い印象。子供民謡大会みたいな印象。うまいんだけど時期尚早というか。
JLO「スイーティ・パイ、トップ10入りして厳しい戦いが始まったわね。いい瞬間も何度かあったけどベストではない。不安定だった。あなたの強みを生かせる選曲が重要。余裕のあるステージを見せることね」
ケリー「今の曲は何ていうか、2人とも難しい曲を選らんだわね。高音の音程のずれは、まだ15歳だから仕方ない。私も19-20歳の時は外してた。緊張や音程のずれは改善できる。音程の広いビヨンセの曲に挑戦するのは勇気がいる。考えてはダメよ、私はあなたに似てる。私も音程を完璧にしようと考え、感情を込められず考え過ぎて音を外してた。自然体でいいのよ。あなたには素晴らしい声があるでしょ。15歳でその表現力は素晴らしいわ」
ハリー「ケリーからコメントをもらえて君らはラッキーだ。一つコメントを追加するなら、作られ過ぎてる感じがした。夢を諦めないと言う、歌詞が伝わらなかった」
キース「凄い声を持ってるんだから、もっと自分に自信を持ってごらん」
ケリー「経験を積むの。もっともっと歌っていけばいいわ」
Gianna Isabella - Top 10

3 リー・ジャン(Lee Jean 15歳学生 サウス・カロライナ州 ブラフトン 7人兄弟の真ん中)ボン・イヴェールの"Skinny Love" 
リー「赤ちゃんの頃から番組を観てた。番組は僕と同い年だからね。11歳のときに聴いたS10(トップ40)のクリス・メディナ(Chris Medina 1983年11月30日イリノイ州シカゴ生まれ)の“Break Even”感動した。彼は事故で重傷を負った婚約者のために歌ったんだ。クリスの話に心打たれた。兄を亡くした僕は、彼の苦悩に共感できた。それから僕はこの曲ばかり歌ってる。クリス・メディナに刺激を受けた。僕の歌を聴いて歌手になりたいって思う人がいてくれたら、優勝できなくても僕は嬉しいな」まずい、リーの言葉に涙が出てしまう。リー、でも優勝したらその影響力で歌手を目指す人が箆棒に増えるよ。
帽子を被ってないリーが新鮮。静かに静かに感動させるリー。哀しみを湛えた瞳が、客席のお兄さんを見つけたからか瞳が輝く。
ケリー「気に入ったわ。エド・シーランが好き?そうなのね。私もアレサ・フランクリンの曲を何度も歌ったから、好きな分野を貫くのは賛成よ。心配なのはそのやり方で勝ち進めるかどうかなの。でも、決して自分を曲げろっ。て意味じゃない。みんなこれからも、あなたの歌を聴きたいはずよ。心地よいステージだもの・無理に声を張り上げなくていいし、持ち味を生かしてほしい」
ハリー「心配な点は、君とマッケンジーのタイプが似てること。2人が勝ち進んだとしても、戦略的工夫が必要。例えば、予想外のダンスミュージックに挑戦して驚かすのもありだぞ。何をするにも音程に注意してくれ。君の能力ならできるはず」
キース「君の魅力は、いつも聴き手に語りかけてること。声にも偽りが無い。だから繊細な曲で、新たな一面を見せれば、他の候補者に無い個性になりうる。強みを生かすんだ」
JLO「クリス・メディナの歌に大きな影響を受けたあなただから、今回の曲選びにも強い思い入れがあったはず。今度はあなたが誰かに感動を与える番よ。舞台で歌うのは勝負のためだけじゃない。最高の歌声を追求し、人の心に届くステージにするのよ。あなたならできる。わかったわね」

そのクリス・メディナが客席に居る。リーは知らなかった。感想を言ってるクリス。音声は聴こえなかったけど、アメージングと口の動きが言ってたような。
クリス・メディナは、2011年11月26日にアルバム『What Are Words』をリリース.。ノルウェーのチャート7位、スウェーデンでは5位になりました。シングルの"What Are Words"はノルウェー、スウェーデン両国で1位になりました。
またクリスト彼女の物語は映画のオファーがあります。
Lee Jean - Top 10

ライアン「注目の候補者はいる?」
スコット·ボーチェッタ(Scott Borchetta )「一緒に仕事したい人はたくさんいる。番組最後の優勝者と組むのは会社としても光栄だ。舞台に立つときは毎回、最後だと思って決めること。これがステージの鉄則だ」

4 アヴァロン・ヤング(Avalon Young 1994年7月16日生まれ21歳給仕 カリフォルニア州サンディエゴ) ショーン・メンデスの"Stitches"
アヴァロン「番組を観始めたのは7歳。家族がテレビの前に集い、山もりのポップコーンを手に観てた。当時夢中になったのはジャスティン・グアリニ(S1準優勝者)よ。今でも彼の歌う姿は目に焼き付いてる。お気に入りの曲を何度も聴いてた。毎回、圧倒されたし、彼に恋してた。素晴らしい歌声を持つ、私の永遠のスターよ。憧れてたけど、自分には無縁の世界だと思ってた。でもこうして舞台に立ってる。人生で最大のチャンスね」
イメージした歌声と違った。もっと開放感あふれて歌ってほしかったかな。いつもしないお化粧で声も余所行きになったのかな?ハリー「君が登場する前にケリーが『彼女はクールなオーラを放ってる』と言った。今回は、出だしのゆっくりとしたテンポが気になった。昨夜は君のメッセージが手に取るようにわかった。でも今回は心に響かなかった。選曲は良かったがベストでは無かった」
キース「私がライブ審査を好むのは、観客の反応が分かるからだ。しかも瞬時に伝わる。出だしの君は緊張気味で、観客に伝わる所為か、盛り上がりに欠けた。でも緊張が解けたら、会場全体が一体となってた。初めから力を抜くといい」
JLO「ステージでぎこちないのが今回が初めてなら、選曲の失敗かも。前回も前々回も見事なステージだっただけに、自然体じゃないのがすぐに感じ取れた。でも後半は立て直し挽回して見せたわね。自信を持ってね。選曲には注意よ」
ケリー「私は3人からブーイングされるかも」ハリーとJLOがすぐさまブーイング。
ケリー「あなたは凄く魅力的ね。特別な何かがある。アーティストに怒られるかもしれないけど、私の嫌いな曲でもあなたが歌うと、素敵に聴こえる。いつもなら私の好みじゃない曲でも、なぜかクールに聴こえる。どんな曲も魅力的に歌えるのは、特別な資質よ。観客の声援に対して躊躇いがあったから、出だしが低い声になって聴き辛かった。コーラスと一緒だと印象が薄くなる。リラックスして。でも素晴らしかった」
ライアン「どうだった」
オリヴィア「的を射た指摘を受けたと思う」
ケリー「私が的を射た」
ハリー「ケリーに反論できるかい?」
アヴァロン「無理ね」
ライアン「妊娠中のケリーとは議論できない」
Avalon Young - Top 10


5 ダルトン・ラパトーニ(Dalton Rapattoni 1996年2月6日生まれ 20歳ボーカルコーチ テキサス州ダラス)プレイン・ホワイト・ティーズの"Hey There Delilah"
ダルトン「番組を観るのは、家族の恒例行事だ。S5は特別だった。クリス・ドートリーが優勝すると家族で賭けてた。他の参加者より突出してたからね。彼が優勝できなかったのは衝撃だった。みんなビックリしてた。残念な夜だった。番組があったから、ミュージシャンになったんだ。僕の歌へのアプローチは、ディヴィッド・クックの影響を受けてる。彼が歌う"Always Be My Baby"が好きだ。カラオケっぽくなくクールだった。男性ロック歌手がマライア・キャリーを歌うのは難しいよ。少しでもディヴィッドの様なパフォーマンスができれば最高だよ」
分かった、私はダルトンのフレージングも好きなんだ。魅力がまた一つ増えた。
キース「ダルトン、最高だ。君はいつも曲を見事にアレンジする。君の自信に観客も沸き上がったね。フォークの要素もあって、カントリーラジオのDJみたいだ。凄くクールだった」
JLO「ラジオDJね。あなたはキュートだし、気持ちを込めて歌う。どのステージでもそうよ。だから女の子たちが夢中になるの。語りかける歌詞も、本当に観客に向けてた。流石ね。素晴らしかった」
ケリー「気持ち良さそうだったわ。我が家に居るように、心地よく歌えるのは珍しいわ。余裕がパフォーマンスに出てるし、私は大好きよ。新ジャンルのアーティストね。業界で生き残るために大事な芸術性も兼ね備えてる」
ハリー「君は毎回歌う度に、アレンジのコンセプトを変えるね。毎回見事に工夫して、今のところ大成功だ」
ライアン「キースはハリーに攻撃されてもへこたれないね」
ケリー「彼にはニコールがいるもの」
ライアン「ダルトン、君のアイライナーも人気だね。前日の夜描いてるの?」
ダルトン【寝る前のきっちり描いて、馴染ませてるんだよ。意図的にやってる」
Dalton Rapattoni - Top 10

6 トリスタン・マッキントッシュ(Tristan McIntosh 2000年4月25日生まれ15歳 学生 テネシー州ナッシュヴィル)ダン+シェイの"Nothin' Like You"
トリスタン「この番組は11歳の頃から欠かさず観てた。両親のベッドに入って兄弟と一緒に観たわ。ジェシカ・サンチェス(Jessica Sanchez 1995年8月4日生まれ S11準優勝)が大好きだった。16歳とは思えない歌唱力に魅了された。お気に入りのステージは"I Will Always Love You"よ。彼女の出す高音は、音程が完璧だった。ジェシカ・サンチェスを愛し続けるわ。鏡の前で、よく彼女の真似をした。この番組を観て歌手を目指したの。やっと挑戦できる年齢になった。今回のステージを決めて、審査員やアメリカに私の実力を証明したい」
ジェシカの"I Will Always Love You"が流れた後に聴くと、トリスタンは拙い。音程を外してばかりいるし、地方予選のトリスタンは幻だったんだろうか。
JLO「今シーズンのトップ10は若い子が多い。だから今はみんな、本当の自分も模索中だと思うの。カントリーシンガーをあなたは目指してるわよね。大事なのは、歌いやすい曲を選ぶことよ。こんな気は実力を出し切れたなかった。背伸びする必要はない。あなたに合った曲を選んで。等身大のあなたで勝負するの」
ケリー「地方予選のあなたは、凄く印象的だった。ピアノを弾き語る姿がアリシア・キーズを思わせた。曲に入り込んでるあなたを観て(この子は優勝候補になる)と思ったわ。若いから選曲ミスも当然よ。私はトリーシャ・イヤウッドが聴きたいわ。あなたの声のトーンにピッタリ。彼女の曲を歌えば、きっと観客を圧倒する。これは1人の観察者としての意見・・・視聴者て言うんだっけ。あなたが心から共感できる曲を歌って。そうスレが人々の心を掴むわ。もう黙るわね」
ハリー「この曲は人気のカントリーソングだが、私なら誰でも知ってる曲を選ぶ。観客と触れ合うのはいいが、それで音程が外れるならやめるべき」
キース「ハリーが思うより、誰もが知ってく曲だし、君の強みを生かせるならどんな曲でもいいと思う。ダンとシェイだからこそ歌える難しい曲でもある。歌いやすそうに聴こえるけど、音域が広いんだ。音程に気をつけて」
Tristan MacIntosh - Top 10


7 マッケンジーボーグ(MacKenzie Bourg 1992年9月11日生まれ23歳ミュージシャン ルイジアナ州ラファイエット)エド・シーランの "I See Fire"
マッケンジー「ある日部活を終えて、家に帰るとママがアメリカン・アイドルを観てた。最初は母に付き合って観てたけど、すぐに僕も夢中になった。“She Bangs”を歌ったウィリアム・ハン(S3 ワーストパフォーマンスとして知られるも人気者に)は強烈だった。度肝を抜かれたよ。放送の翌日は、学校で彼の話題で持ちきりだった。あれから12年経っても、当時の友達と会うと、みんなであの曲を歌うんだ。歌は今一だったけど、彼は強烈だった。僕もあんな風に強烈な印象を残したい。視聴者の心に残るステージを披露するよ」
マッケンジーの見せてくれる世界が本当に好き。忘れてた優しい時間の記憶を思い出させる。
ケリー「先にこれだけ言わせて。静かにしてたお腹の赤ちゃんが、あなたの歌の間ずっと動いてた。彼はあなたが好きなのね。あなたの凄いのは、自分の方向性をもう把握してる。ステージこそあなたの居場所。曲も賭けるし、名曲もモノにできる。あなたの将来が楽しみだわ」
ハリー「ケリーに同意。君の歌は人を引き付ける。君はこの歌詞にどんな意味を込めた?」
マッケンジー「僕の魂が熱く燃え上がってるんだ。素晴らしい仲間と共に、観客の前でステージを披露する。この場に立つと燃え上がる自分を感じる」
ケリー「セクシー。今頃女の子たちは大騒ぎしてる」
キース「ギターを弾いてる君は、とても自然でいいね。出だしから集中してたし、見事に聴き手を引き付けた」
JLO「それこそあなたの資質なのよ。今後は誰がどんな曲を選ぶかが、重要なカギとなるわ。ライバル達の選んだ曲に焦ったりするかもね。分かるでしょ?」笑って頷いてるマッケンジー。
JLO「あなたの選ぶ曲が楽しみよ」
ケリー「“She Bangs”}
JLO「歌ってくれる?」
ウィリアム・ハンさんは今は新婚さん。あの一曲手人気者になり、しばらくアジア人は歌が下手だと思われました。
MacKenzie Bourg - Top 10

8 ラポーシャ・レネイ(La'Porsha Renae 22歳コールセンター勤務 ミシシッピ州 マコーム)リアーナの"Diamonds"
ラポーシャ「もちろん優勝が目標よ。ママが作った夕食を食べながら、家族で番組を観たわ。ケリー・クラークソンが初登場したシーンも観てたわ。魂で歌ってた。優勝の瞬間も覚えてる。私の夢が始まった瞬間だもの。そして今、私が番組に出て、ケリーの前で歌を披露するのよ。次は私の番になる、そう願ってるわ。笑死は優勝できたら、きっと私の人生は変わる。今までの苦労が全て報われる」\。そのためにここに来たの」
鳥肌立ちっぱなしだわ涙出ちゃうわのDiamonds。トップ3決まり!
キース,JLO、ケリーがスタンディングオベーション。鳴りやまない歓声、涙ぐむラポーシャ。
ハリー「この歓声が答えだ」
ケリー「私の番じゃないけどどうだっていいわ。もしも私があなただったら・・・だと嬉しいんだけど、歌の後必ず『お礼はいいのよ』って言うわ。あなたにはそれだけの才能がある。あなたはきっと優勝する。他にも候補者はいるけど、あなたの才能は本物よ」
JLO「ステージを完全に支配してた。感情もコントロールしてた。圧倒的なステージに、私達は大興奮した」
キース「こんな言葉がある『人は何を持っているかではなく、人に何を与えられるかだ』。君の歌から、人への愛が受け取れた」
ケリーは泣いてる「ラポーシャ最高。彼女になりたい」
ハリー「お腹の子にラポーシャの名前を」
La'Porsha Renae - Top 10

9 ソニカ・ヴェイド(Sonika Vaid 1995年8月4日生まれ20歳学生 マサチューセッツ州マーサズヴィニヤード) エヴァネッセンスの"Bring Me to Life"
ソニカ「一つ告白しなきゃ。子供の頃は私より母が番組に熱心だった。私はテレビより本に夢中だった。番組を観るよう母が勧めてきた。シャイナ私に自信を持って歌う人達を見せたかったんだと思う。私が歌えることに、母は気付いてたのね。私より私を知ってる。ケリー・クラークソンの“I Surrender”を覚えてる。喉を痛めてたケリーは、困難に負けることなく歌い切った。最後の優勝者になりたい」
何て美しい声なの。すごい、あのラポーシャの後でこの情熱のステージ。是非この路線で攻めてほしい。エイミー・リーと同じカリフォルニアガール、ケイティもいるでよソニカ。どんどん行っちゃって。ソニカもトップ3!
キース「素晴らしい。完ぺきな選曲だった。最高だ。歌の演出が見事だったし、君の強みが生きていた」
JLO「あなたは危険な存在。歌声は文句なしにすばらしい。もしあなたが目覚めれば、優勝争いは激化するわ。歌声を十分生かし、自信を持って表現出来てた。自分の殻を破ったあなたは危険よ」
ケリー「あなたが素晴らしいのは、音程が全くズレないことよ。それだけじゃない。ラポーシャの独走に待ったをかけた。『行かせない』とね。そうやってあなた自身が、勢いをつけるのよ。気にいったわ」
ハリー「盛り上がったステージの後だったが、それに負けないパフォーマンスを披露してくれたね。称賛に値する。歌い方も、今までに見せたことのない、不安や情熱が感じられた。君の色んな面が。ステージで表現されたと思う。素晴らしかった洗練されてた。心憎いね」
Sonika Vaid - Top 10

10 トレント・ハーモン(Trent Harmon 1990年10月8日生まれ24歳 牧場&直営のレストラン ミシシッピ州 エイモリー) サム・スミスの"Like I Can"
トレント「小学校5年の時、竜巻に足止めされ、学校から家に帰れない事があった。竜巻が収まるよう願ったよ。家で番組のフィナーレが観たかったんだ。無事に番組を観終えた時、僕も歌手を目指そうと思った。ディヴィッド・アーチュレッタ(David Archuleta S7準優勝)の“ Imagine”が印象に残ってる。曲が頭から離れず、いつも口ずさんでいた。牛にも歌って聴かせたくらいだ。僕に歌いこなせるか分からないけど、機会があれば歌いたい曲だ。最終シーズンでの優勝は意味深い。初代のケリーと並んで、歳h\五の覇者として記憶される。僕が有終の美を飾れるといいな」
情熱の瞳、静かな闘志、動じない心、意外なシャツ。笑顔が自然だった。
客席にクラーク・ベッカムとレイヴォン・オーウェンが。
JLO「番組史上、最も熾烈な戦いになるわね。ツワモノぞろいが残ったわ。あなたの歌声は人の心を揺さぶる。完ぺきでは無かったけど、ボーカリストとしての実力を存分に見せつけた。惚れ惚れした」
ケリー「強烈なインパクトを残す個性的な声ね。ラジオで一度聴いても忘れられない歌声よ。あなたの強力な武器だわ。繊細な裏声も武器の一つね。メロメロになったわ。力強さと繊細さの両面を持ってるから、その対比をもっと巧みに見せるといいわ」
ハリー「番組のオンエアと時々見る。観客の反応が、フィギュアスケートと同じ。ジャンプが決まるよ会場が湧く。小節が決まった時も同じ。小節と言えばラポーシャだが、君もなかなかだ。小節も聴かせどころを見極めず多用すると逆効果になる。君のは文句なしだった」
キース「絶妙な出来栄えだった。ラポーシャを一番手にしたらみんな奮起しそうだね」
Trent Harmon - Top 10

ケリー・クラークソンの "Piece by Piece"
この曲はケリーが、最初のお子さんを授かった時に書いた。辛い時期を姉と乗り越えた後に書いたメッセージ性の高い曲です。
妊娠中でもありふっくらされてるケリーが聖母に見える。
キースが泣いてる。JLOもラポーシャも泣いてる。みんな泣いてる。
ケリー「妊娠中だから涙もろいの」
ライアン「君はいつも感情表現が豊かだけど、この曲は特に思い入れがあるようだね」
ケリー「妊娠中で余計に番組が恋しくなった。本当にごめんなさい。歌い切れて安心したわ」
ライアン「練習も泣いてたね」
ケリー「少しね。1人目の子を思って書いた曲だし、今は2人目の出産直前だもの」
ライアン「番組初の優勝者が来てくれて光栄だったよ」
Kelly Clarkson Performs "Piece by Piece"


私の中でトップ4が決まった回でした。次回2人帰ることになります。12日土曜日は2時間の放送です。


nice!(5)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽

nice! 5

コメント 6

ロシアンブルー

今回は今シーズンイチ感動しました。
ラポーシャの実力に感嘆し寒いぼ
まさかのその直後にそれ以上の感動を与えてくれたソニカ
そしてトレントの巧さ、音域、個性に新たな引き出しを観れた感じがしてちょっぴり感動。
そして最後ケリークラークソンの歌には涙しました。彼女はゲストに来る度毎回最高の思いにさせてくれます。
無事元気な赤ちゃんを〓
by ロシアンブルー (2016-03-08 19:28) 

みなみ

こんばんは。また、おじゃまします。

さすがトップ10、見応えがありました。
圧巻のラポーシャ、そしてソニカがついに目覚めた!! 素晴らしかったですね。
あとダルトンはもうステージで歌っているだけでいいです。(笑)
今回は15歳組がイマイチだったかな・・・
トップ10あたりになってくると、引き出しの多さも勝敗を分けるような気がします。

リーのお兄さんがイケメンでしたね♪
by みなみ (2016-03-08 23:55) 

あぁ

ロシアンブルーさん、ありがとうございます。
今回凄かったですよね。
これが最後のステージと思って毎回挑まないと
このメンバーの中から勝ち残るのは難しそう。

ラポーシャ、ソニカ、トレント、ケリーの流れで
涙腺崩壊しっぱなしで
グランドフィナーレと同じ感情の動きになってしまいました。
贅沢な時間でした。

ケリーのお嬢ちゃんと、お腹の赤ちゃんが大きくなって
歌ってる姿を見たいです。
by あぁ (2016-03-09 00:06) 

あぁ

みなみさん、ありがとうございます。
ダルトンは長くステージに立たなくてはいけません!
素直で真摯で心をさらけ出す歌い方が大好きです。

若い子達は緊張が見えましたね。
余計なこと考えず、集中力を高めて挑んでほしいです。

ソニカの覚醒、素晴らしい。震えましたわ。

リーのお兄さんと、アヴァロンのお父さんに目が行ってしまいます。
そして、ソニカのお母さんの美しいこと。
by あぁ (2016-03-09 00:19) 

ロシアンブルー

ファイナルシーズンもいよいよ盛り上がって来ましたね(^^)
私の中のTOP4はトレント、ソニカ、ラポーシャ、オリヴィア。

続いてアヴァロンとマッケンジーボーグ。でも、この2人には上記4人程の爆発力が無いかな〜

リー、ダルトンはもう1つ高みを見せて欲しい。

ジアンナ、トリスタンは選曲がハマればまだ上に行けそうだけど…
自分の魅力を最大限に魅せるって難しいですよね。
by ロシアンブルー (2016-03-09 12:04) 

あぁ

ロシアンブルーさんと2人一緒。
ソニカ、ラポーシャ。そしてダルトンとマッケンジー。
ダルトンもマッケンジーも繊細で弱ささえもさらけ出す。
そこに惹かれてしまうのです。
残ってほしい。
by あぁ (2016-03-09 20:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。